化粧下地を選ぶときの基準

化粧下地を選ぶときの基準は、乾燥肌の人は、肌の人は肌の油分と水分が少ないので、保湿効果が高いものを選ぶことです。できれば、美容液成分が多く配合されているものを選ぶようにし、紫外線カット効果が高いものは避けるようにします。乾燥肌の人は、化粧下地はできるだけ保湿効果の高いもの選ぶようにするのが一番で、美容液成分が多く含まれているものを選べば、化粧下地を塗りながらスキンケアが可能になります。

脂性肌の人は、肌の水分量と油分量が多く、皮脂分泌が活発なので、化粧下地を選ぶときは、保湿効果が高く、紫外線カット効果に優れていて、それでいて油分が多いものは避けることです。化粧下地には油分が含まれているものが多いので、脂性肌の人は、化粧下地は油分が少ないものや毛穴を防いでしまうようなものは避ける必要があります。混合肌の人は、乾燥している部分と皮脂が活発に出ている部分が両方あるので、化粧下地は、頬の肌状態を基準にして化粧下地を選ぶ必要があります。保湿効果に優れているものを選ぶことも大事です。普通肌の人は、水分と皮脂のバランスがとれているので、化粧下地は、なりたい仕上がりに合ったものを選ぶとよいです。

化粧下地 人気